夏バテした時、食べて元気になろう。

毎年のように、猛暑、酷暑と言われる夏。

体に良くないと分かっていても、つい冷たいものを飲みすぎたり、

クーラーの中に長くはいってしまったりしてしまいがちになり、

涼しい部屋から外に出たときのムッとした暑さにぐったりしてしまいます。

こんな状態が続くと、夏の終わりごろには、体がだるく感じたり、

胃がなんとなく疲れてるなと自分でもわかり、食欲が落ちてきたりします。

夏バテですね。

 

こんな時はいつもと同じように食べようとしても、おいしく感じることができず、

食事を簡単に済ましてしまい、それが夏バテ状態をさらに長引かせてしまいます。

ちょっと一工夫した食事で早い目に夏バテを解消しましょう。

夏の終わりには意識的に夏バテ解消できる献立で食事をし、体力をもとに戻しておきたいものです。

 

あっさりとしたものに走りがちですが、そのあっさりを夏野菜をふんだんに使ったサラダにしてみましょう。

サラダは毎食あっても食べやすいので、多い目に作って冷蔵庫へ。

ドレッシングを変えたり、付け合わせに添えたりするととても便利ですぐなくなってしまうほどです。

 

夏野菜の定番、きゅうり、なすび、トマトなどは カリウムが多く含まれており、利尿作用があり、

水分の摂りすぎた身体に 効いてくれますし、ほてった体にはちょうどいい冷たさを感じさせてくれます。

 

あっさりとは逆に、しっかりとお肉など栄養価の高いものも食べたいのですが、

生姜やトウガラシを使うと辛みが食欲を増しとても食べやすいです。

例えば豚肉の生姜焼きは、良質なタンパク質とビタミンを含んでおり、

生姜の刺激と醤油の味がとても食欲をそそります。

香ばしい香りと、体力回復にもいいスタミナ満点のニンニク。

香味野菜を意識して使ってみましょう。食欲がでておいしくたべられます。

 

暑いと食事を作るのも大変です。

食事を作るために火のそばで調理ということが、かえって疲れを増すということにもなりかねません。

作る側にとっては簡単で、食べる時はさらっと冷たく食欲が出て栄養は満点。

時にはそんな献立にするのもいいものですね。

 

おススメが冷汁。

材料は、きゅうり、市販の鮭フレーク みそ ごま 大葉 おろし。

きゅうりは輪切りにして、塩ひとつまみをまぶしてしばらくおいておきます。

鮭フレークはおいしいダシを出してくれますので他のだしはいりません。

まず、材料のごまを粗くすって、続いて鮭フレークを入れて細かくすります。

そこへ味噌もいれ、練り合わせます。

すりこ木を使って練り合わせると滑らかになりますが面倒な場合はすりごまを使うといいです。

冷水をつくり、少しずつ加えて、冷たいお味噌汁状態にします。

冷たいお味噌汁ができたら、先ほどのきゅうりの水気をしぼって加え、

さらに、おろし生姜を少量加えて味をととのえます。

仕上げに大葉をそえて完成です。

できた冷汁をご飯にかけたり、お味噌汁状態で食卓に出してもいいです。

食欲の落ちているときでもすっと食べることができます。

 

夏バテかなと感じたら、胃腸に負担がかからない消化吸収のいいものをとるようにしましょう。

旬のきゅうりやトマトなど夏野菜をふんだんに盛り込んだ献立や、

香味野菜をうまく使って辛みのアクセントをつけ、そして手早く楽にできる献立で、

疲れた体に栄養分をしっかり補える食事をしましょう。

 

栄養の偏らない食事をすることで体の中から元気になります。

元気になった体で、楽しいスポーツの秋、またおいしく食べられる食欲の秋を迎えたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL