夏バテ知らず例外2回の私。

私は暑いのも寒いのも平気。

当然、夏バテなんかならない。

 

と思っていたのに、

夏バテですねと言われてしまったことが、2回あります。

 

1回目は、ちょっとだるいな、どころか、

なんかだるすぎ!いくらなんでも変だと思って、病院に行ったときです。

 

仕事が忙しくて寝不足でしたから、

「風邪とか過労とか、診断されるのかな」

くらいの予想をしていました。

「実はあなたは重大な病気です!」は、まさかないよなーとか。

 

ですが、お医者さんは「点滴しましょうね」と言ったきりでした。

なんの点滴とも言わない。

別室で点滴の用意をしてくれた看護師さんが、

「ブドウ糖の点滴ですよ」と教えてくれました。

 

ブドウ糖?

ブドウ糖って、薬でもなんでもないよな。

くらいしか、当時の私は知りませんでした。

 

看護師さんによると、

「ホントにただひたすら、ブドウ糖という糖分だけの点滴」らしいのです。

 

私は「点滴イコール薬みたいなもの」だと思っていたので、

これが不思議でしょうがない。

ほんっとに、ブドウ糖だけですか?

私が不思議そうに聞くので、看護師さんが笑って、

「そうですよ。夏バテに良いんです」

 

自分は夏バテにならない。と心底信じきっている人間にとって、

ある意味、ショッキングな説明でした。

 

看護師さんに言われてから、そういえば今、夏だっけ。と気づいたくらいです。

自分と夏バテは無関係。と思っていたのを、かるーく突破された一瞬でした。

 

でも、そんなことは十年も経つと忘れます。

ていうか、十年なんてかからない。数年で忘れる。

 

何年も、何年も、夏を無事に過ごしてしまうと、

一回だけ、病院で夏バテって言われたことがあるけど、

その一回きりだし、あれはたまたまだったのよ。

私と夏バテは無関係な単語なのよ!

とか、思ってしまうものですが、

 

そこで2回目まさかの夏バテが来ました。

わりと最近です。去年だったかな(すでに忘れてる)。

 

せんせーい、おなかの調子がいまいちー。

と、近所のかかりつけのお医者さんに行ったら、

「夏バテがお腹にきたね」と診断されました。

「二、三日、絶食すると治るよ」とも言われました。

 

お腹がお休みできるので、胃に良いんだそうですが、冗談じゃない!

「先生、この暑いのに絶食なんて、お腹すいて無理」

「そんなに食べたいの?」

「うん。ガマンできない」

「そんなに食欲あるんなら、胃が悪いっての、たいしたことないんだね」

お医者さんに大笑いされました。

 

以前、なにかのときに出してもらった「補中益気湯」が少し残っていて、

それ飲んでいいよと教わりました。

体力増強みたいな効果のある漢方薬なので、夏バテにも効くそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL