夏風邪対策

睡眠不足が続いたり、食欲が衰えて栄養不足になったりしたときに

注意したいのが「夏風邪」です。

 

夏風邪の予防には、「暑いからといって、食事をおろそかにしないこと」が大切。

食事の栄養バランスが崩れると、免疫力が低下しやすくなるからです。

 

また、エアコンで空気が乾燥していると、ウィルスの侵入を防いでくれる

鼻や喉の粘膜が乾燥し、免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまいます。

 

夏風邪をひいてしまったら、ゆっくりと休養し、食事を摂って安静にするように。

 

夏風邪をひくと、下痢や腹痛などを起こしやすくなります。

下痢になると、食欲が落ちて、栄養の摂取量が滞り、

なかなか治りにくいという悪循環を引き起こしがちです。

 

できるだけ、胃腸に負担のかかりにくい料理を意識して、

炭水化物やタンパク質を中心とした食事を、少しずつでも食べるようにしましょう。

 

また、汗をたくさんかいて脱水症状を起こさないように、水分補給も意識してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL