暑い夏は適度に体を冷ませ!

夏バテの原因のひとつに、体温上昇があげられます。

これは誰でもイメージできるかと思います。

つまり、体温を少し冷ますことで夏バテ防止や回復につながります。

今回はその方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

【血液を冷やして体を冷ます】

もっとも効果的と言われるのが、「脇の下を冷やす」ことです。

これは熱中症の応急措置に用いられる方法ですが、

夏バテの原因が「体温上昇」ということであれば、ある意味「軽い熱中症」とみることもできます。

 

但し、冷やしすぎないように冷やす時間を工夫したり、タオルで温度調節するなど、

体温を一定以上に維持する工夫してください。

 

また、首、手首等「動脈が比較的体表に近い場所」を冷やすのも効果的です。

ノースリーブの服を着るのも手です。

あとは、日傘を使う、日陰を歩く、適度に立ち止まりながら歩くなど、

体温が上昇しすぎないように注意しましょう。

 

 

【適度な水分補給】

冷たい飲み物を飲むと、体が冷めますのでこれもひとまずは有効です。

ただし、落とし穴が3つ。

まず、冷たいものを飲み過ぎると代謝が悪くなるため、

時々温かいもの(紅茶がリラックスを促すのでいいそうです)を飲んで発汗を促すなど、

代謝を維持する工夫をするとよいでしょう。

 

もうひとつは、飲み物に含まれる糖分。

一般的な飲料は、スポーツドリンクも含め、けっこうな量の糖分が含まれています。

そのため、特に血糖値が高めの方、病気のため血糖の治療、観察を受けている方は注意が必要です。

 

3つ目は飲料を飲み過ぎることでミネラルバランスが崩れること。

これは夏バテに逆効果になるばかりでなく、熱中症に発展する危険性もあるので要注意です。

これらを総合し、もっとも適しているのは、

薬局等で販売している経口補水液、次にカロリーゼロのスポーツドリンク、

そしてミネラルが豊富な麦茶です。

このうち、後者ふたつは比較的安価に手に入るのでオススメです。

 

 

【冷房の設定温度に注意】

外出先の冷房では難しいですが、家庭での冷房の設定温度に気を付けましょう。

低く設定すると、体が冷える原因になります。

よく、クールビズで「冷房の設定温度は28℃」といいますが、

これは非常に理にかなっていて、冷房はある程度の除湿もしてくれますので、

適度な発汗と代謝が維持できます。

これをうまく利用して、家の中でも服装を気を付け、

適度に発汗しながら温度で生活すると良いです。

 

以上のように、熱すぎないよう、また冷えすぎない程度に体温調節し、

今年も暑い夏を乗りきりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL