漢方から見た夏バテ

漢方では、夏バテを「注夏病」といいます。

とくに「気虚」、「水滞」タイプの人は、夏の暑さと湿気により、

体がだるい、食欲がないといった症状が現われやすくなるので注意が必要です。

 

夏の暑さは心を弱め、夏の湿気は胃腸を弱めます。

五臓との関わりを意識して、夏バテ対策に挑みましょう。

 

 

気虚

夏の暑さによる心の不調

夏バテで疲労倦怠感などをともなう 気虚 タイプは、

夏の暑さで身体に熱がこもることが原因です。

とくに熱は心にこもり、心は口周りに熱を逃がすため、

口が渇いて飲み物を欲する、呼吸が乱れるなどの症状がみられます。

 

なるべく口が渇く前に、こまめに水分補給を行いましょう。

きゅうり、スイカなど、瓜科の食材は体の余分な熱を冷ましてくれます。

 

 

水滞

夏の湿気による胃腸の不調

体がむくんだり、動きが鈍くなりがちな 水滞 タイプは、

夏の湿気で水分代謝がうまくいかないのが原因です。

とくに湿気は胃を弱めるため、胃腸の冷えや食欲不振、下痢をしやすくなります。

 

水分代謝を高めるほか、部屋や布団、水周りを清潔にして、風邪通りをよくすることも大切です。

また、胃腸が弱っているので夏の食中毒対策にみょうがやしそ、ねぎなどの薬味を加えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL