秋バテ

秋バテは、夏の冷房などが原因で自律神経を乱し、

夏の終わり頃に出てくる夏バテの症状が、

秋になってもよくならず、ずるずると不調が続く状態のこと。

 

秋バテは、夏バテと同じように、

「疲労、倦怠感、食欲がない、やる気が起きない、寝汗をかく」

などの症状があります。

 

夏の終わり頃から症状があったものの、

「夏バテかな。涼しくなればよくなるだろう」と放っておき、

10月を過ぎても症状がとれないことで、「もしかしたら何か別の病気では?」と

心配になって病院を受診する人が増えてきます。

 

そもそも夏バテ・秋バテは高温多湿の日本の夏だから出てくる症状です。

人間の体は、暑いときは汗を出すことで体温を下げるようにしていますが、

湿度が高いと汗が出にくくなり、体温調節がうまくいかなくなります。

 

また、夏は皮膚の血流が増加する分、消化器への血流が少なくなり、

その結果、胃の活動が鈍くなり、消化吸収機能が衰えます。

食欲不振や食べられないなどの症状が出るのはこのためなのです。

 

さらに、熱中症予防のためもあり、

冷たい飲み物やアイスクリームで体を冷やした人も多いでしょう。

 

冷たい飲み物は、体の中から温度を下げるのに簡単な手段ではありますが、

ただでさえ弱っている胃腸を刺激し疲れさせることで、

体全体の疲労感やだるさを引き起こすことになります。

 

秋バテは、体内をめぐるエネルギーが不足したり、

水分を取り過ぎたりすることが原因で起こると考えられています。

他にも、「疲労の蓄積」「ストレス」「睡眠不足」などが原因として挙げられます。

 

秋バテは長い間症状を放置していた場合、どうしても回復に時間がかかってしまいます。

 

秋になると、風邪を引く人が増えますが、これは寒くなったからというより、

乾燥のために粘膜がやられるためです。

本格的な寒さになる前に、しっかり体を元に戻し冬に備えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL