スポーツ時の熱中症の種類と熱中症予防

梅雨の時期から秋の台風の時期にかけては気温が高かったり、湿度が高かったりすると、

人間は体温を一定に保とうとする働きがあるため発汗をして体温調節をします。

汗は体内の水分とともに塩分も同時に失われてしまいます。

その為、暑いから冷たいものだけを飲んでいれば熱中症にならないという考えは間違いなのです。

 

熱中症には、熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病といった分類があります。

炎天下の中での運動後や立ち上がったときに起こる一過性のものになりますが、

下肢に血流が溜まる為に脳の血流が少なくなってしまい一時的におこります。

脚を高くして休んでいれば回復します。

 

熱痙攣は大量の汗をかいたのにも関わらず、塩分を含まない水だけを飲んだ場合に起こります。

血中の塩分濃度がさがるためにおこる為、筋痙攣の症状が見られます。

 

熱疲労に関しては発汗による脱水により、脱力感やめまい、倦怠感、頭痛、吐き気などの症状が現れます。

基本的には涼しい場所で休ませ、水分と塩分の補給を行いますが症状が酷い場合は嘔吐などで、

水分の補給がこんなんな場合などは点滴で処置をします。

 

熱射病は体温コントロールが出来なくなってしまった状態で、

脳の機能に異常が出てしまった状態の事を言います。

意識障害等がおこると、臓器の障害を併発し死亡率が高くなるので注意が必要です。

この場合は、体温を以下に下げるかが重要に成りますので直ぐに病院などに行き冷却処置をします。

 

症状から、体温が高くなりすぎていないか・意識があるかないかの確認・

言語障害や意識障害があるかないかの確認し救急車を呼ぶか、

塩分を含む水分補給をして休ませるかの判断をします。

 

熱中症の予防としては、暑いときの無理な運動は避ける事や急な暑さには注意が必要です。

人間の身体が熱さに適応するまでには1週間~2週間程度となっています。

その為、暑さに慣れるまでは軽い運動にとどめておき徐々に運動強度を上げていくようにします。

 

また、汗で失った水分と塩分を補強する事は重要です。

水分補給の目安としては、運動による体重減少が2%を超えないように水分補給をします。

このときに飲料の温度としては5~15℃にひやしたもので

0.1~0.2%の塩分と4~8%の糖質を含んだ飲料を補給するようにします。

 

また、近年の報告では運動直後30分以内に

糖質とタンパク質を含んだ食品(牛乳や、プロテイン)を

1~2杯補給すると循環血液量が増え発汗量が増し暑さに慣れるという報告もあります。

運動後のタンパク質・糖質摂取で熱射病になりにくい体作りをする事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL