熱中症の怖さ~命を助けるためにできること~

この病気は毎年ニュースで子どもから高齢者までの年齢層で死者がでるくらい、

他人事とは思えないこの病気ですが、いったいどんな程度で「熱中症」といえるのか、

順に追っていくとします。

 

 

1、めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてる症状、一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状がでていたら、

それは熱中症のサインです。

特にめまいは初期症状と言われています。

 

 

2、筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状がでる場合があります。

手足がしびれたり、筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

 

 

3、身体のだるさや吐き気

身体がぐったりし、力が入らなかったり、吐き気や嘔吐や腹痛なども一緒に発症する場合があります。

私はこの症状でなんか様子がおかしいと思っていたのです。

 

 

4、汗のかきかたが異常

一番はじめに気付くのはこの部分だと思います。

何回ふいても汗が止まらなかったり、もしくはまったく汗をかいていないなど、

汗のかきかたが異常な場合は、熱中症といっても過言ではないと思います。

 

 

5、体温が高い、皮膚体温の異常

体温が高くて皮膚を触るととても熱かったり、皮膚が赤く乾いているなどの症状にも要注意です。

わたしは、よく濡れてひんやりとするタオルを首からつねにぶら下げていましたが、

全く冷えることはなかったことを覚えています。

 

 

6、呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

私がもしこのことに気付いていれば、熱中症に防げたかもしれなかったくらい、

周りの呼びかけは大切だと言えます。

 

私の体験談になりますが、私の場合、声をかけても反応しなかったり、

「大丈夫です」とトンチンカンな返答をしたり、身体がガクガクとひきつけを起こしたりなどがあったのです。

出勤時もまっすぐ歩けなかったりして、かなりしんどい思いを我慢しながら

会社に出勤していたのを覚えています。

 

 

7、水分補給ができない

私が昔かかったときはギリギリ自分で水分補給ができていたのですが、

自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態と言えます。

この場合は、無理矢理水分を口から飲ませるのではなく、

すぐ医療機関に受診することをお勧めします。

 

 

<熱中症に必要なこと>

なんといっても水分補給と塩分補給が大事と言えます。

スポーツドリンクなどが代表的なものとして挙げられますが、

最近は服にふきかけて冷やすアイスノンや、前述したことの繰り返しになりますが、

水で冷やしてずっと冷たい特殊なタオルを首に巻くといいでしょう。

首やわきの下は汗がはじめに大量に出る場所とされているため、そこを何とかしているとマシになります。

あとは予防策として塩分の入った飴を舐めたりするのも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL