本人が熱中症になった時の周りの人の対処について

熱中症は重篤な場合には死に至ることもある危険な状態ですが、

往々にして本人が自覚できないことが多いようです。

本人救命のため、一刻も早く本人が熱中症であることに周りが気づき、

早急に的確な対処をすることが重要となります。

 

ここでは、熱中症の疑いがある本人の救命のため、周りの人がどう対処すればいいか、

基本に戻って説明したいと思います。

 

 

1.熱中症の症状があるか確かめる

熱中症の主な症状としては、めまい、失神などの意識障害に近いものから、

筋肉痛、筋肉の硬直、けいれん、手足の運動障害など筋肉障害、

さらには、発汗、頭痛、吐き気、嘔吐、虚脱感など、機能的な障害があります。

夏場で、本人がふらっとしているとき、地面にへたり込んでいるときは、

まず最初に熱中症を疑うことが肝要です。

 

 

2.意識があるか確かめる

まず一番最初に声掛けをして、本人に意識があるかを確かめましょう。

意識が無い場合には、すぐに救急車を呼んでください。

その場合、救急車が来るまでの間に次の3.4.の応急処理をはじめます。

但し、本人の意識が戻るまでは水を飲ませることは避けます。

 

 

3.涼しく風通しの良い場所へ退避する

屋外であれば風通しのよい木陰や建物のひさしの下へ、

屋内であれば冷房の効いた部屋へ、本人を退避させましょう。

その際、周囲よりも気温が確実に低い場所を選択することが重要ですし、

風通しがあればそれにより蒸発熱で体温を下げることができます。

 

 

4.体温を下げる

本人の体温が高温になっている可能性が高いため、

できるだけ早く本人の体温を下げてあげることが必要です。

重篤な患者の救命はこの体温の冷却にかかっています。

まず着衣を脱がせて体温による熱を発散させます。

また、ネクタイやベルトを外し緩めてあげる、シャツのボタンを外す、

これらにより体の表面に風が入りやすくなります。

身体を扇風機やうちわで扇いだり、皮膚に水をかけて

水の蒸発熱を利用して体温を下げることもさらに有効です。

 

また、首まわりや脇の下、太ももの内側を氷や冷水、冷却シートで冷やすことも大変有効です。

というのもこれら3箇所には太い血管が通っています。

氷や冷水で局部を集中して冷やすことで直接脳や体の温度を冷ます効果があります。

 

CMでやっているにおでこに冷却シートをあてる手法は、

血管そのものを冷やさないので、効果は少ないようです。

 

 

5.水分、塩分を補給する

冷たい水をコップなど容器に入れて、意識のある本人に自分のペースで飲んでもらいます。

その場合、無理に飲ませると吐く可能性があり危険です。

また、冷たい飲み物を飲むことで胃の表面など

体内から熱を下げることができますので、この手法は有効です。

 

飲み物としては、塩分が含まれているスポーツドリンク、CMでやっている経口補水液などが最適です。

もし、患者が大量の発汗をして水分、塩分とも失われているとしたら、なおさら必要になります。

 

 

6.十分に休ませる

熱中症の症状が治まってくると、処置をやめて普段の生活に復帰させてしまうことがよくあります。

ただ、熱中症は重篤になる可能性がある以上、

これはおすすめできず、休むことを優先するようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?

熱中症は自分自身が気づきにくく、一連の説明のとおり、周囲の救助の手が重要になってきます。

全て本人の体温を下げて休ませる、という基本的な内容ですので、

いざというときに対処できるよう、これらの内容を頭の隅にいれておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL