こまめな水分補給と塩飴、そして帰宅後早目の休養と睡眠が重要

先週、私の会社でエアコンが故障しました。

朝から夏のような暑い日差しと温度で目がくらくらしてきました。

会社は三階建てです。

 

2Fで朝礼をしていた時に窓を開けたり送風機を付けていましたが、

ふらついたりトイレに駆け込む者が数名居ました。

私はその時にペットボトルで水を飲み過ごしました。

 

その後営業に外に出るまで、3Fに倉庫があるのですが

エアコンの効かない社内は蒸し風呂のような状態で汗がとにかく止まりません。

 

女性社員のKさんが段ボールの荷物を運んでいましたが、突然段ボールを落とし倒れました。

私他数名で駆け寄ると目が虚ろで熱中症で顔が真っ赤でした。

 

救急車を呼び搬送しました。

その後午後には退院し直帰して家に帰りました。

 

エアコンのトラブルというアクシデントの中、私は外に出ても日差しが強く肌に突き刺さる様でした。

水を飲み、生ぬるくなったら新しい物を購入しそれを飲む。

それと取引先に行くときと、車内に戻り作業をするときは塩飴を舐めていました。

 

以前、実は私も数年前に熱中症で倒れたのです。

その時は前日の仕事がクレームやクライアントの対応で帰りが遅くなり、

直ぐに休めばよかったのですが、なかなか寝れない。

朝出社して急ピッチで速く帰りたいがために水分も取らずに作業をしていたら、

PC作業中気持ち悪くなり、そのままふらっと意識が無くなり倒れてしまいました。

 

直ぐに起き上がれましたが足にあまり力が入らなくて

会社の方に病院で送っていただき診察したらやはり熱中症でした。

 

その際にお医者様より三点の指導がありました。

「とにかく、小まめに水分補給を欠かさない事。

それと移動中や社内でも塩飴等を舐める事。

それと仕事が終わったら速やかに帰り休養。

睡眠不足が一番の敵ですよ。」

と言われました。

それ以来反省し、生活の改善に努めています。

 

水分補給は水やお茶等を小まめに買い飲みます。

または自宅で作った水筒を飲んでいます。

塩飴はなかなかいいです。

身体に不足したミネラルを補えますし簡単に摂取できるからいいです。

水分、塩分が失われる時期に非常に良いです。

小まめに水分の吸収も助けるには塩分の摂取が重要ですので。

 

飴も様々な物があり、最近はタブレッツ型の噛む物もあり、

コストも高くなく安い方なので利用しやすいです。

それと家に帰ったら、すぐ風呂に入り食事。

特にやることなければ後はストレッチをして直ぐにベットに入り寝ます。

これをしていれば何とか暑い夏でも乗り切れるはずです。

 

因みにエアコンが夕方復旧するまで何とか耐えられました。

あとは首に冷えたタオルを巻くとか体に熱を持たせないできる限りの対策をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL