大豆で熱中症予防

熱中症を予防するために効果的な食材が

大豆です。

1日に2回、豊富な栄養成分を含む大豆の摂取オススメします。

 

大豆は「天然のマルチサプリメント」と言われています。

大豆の約30%はたんぱく質ですが、これは必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なもの。

大豆には、タンパク質以外にも、三大栄養素の脂質、炭水化物がバランスよく含まれているうえに、

鉄分、ミネラル、ビタミン、食物繊維なども豊富なのです。

 

ビタミンAとビタミンC以外の栄養素がほとんどすべて含まれており、

生活習慣病や骨粗しょう症の予防、便秘対策、美肌対策などの効果が期待できます。

日本人は昔から大豆をよく食べてきており、

世界一の長寿国になった理由の一つに大豆が上げられることもあります。

 

また、大豆を摂取する上で心がけてほしいことは、

「量」ではなく「1日2回」という回数を意識して大豆・大豆製品を摂取することです。

 

毎日2回食べるのが大変という人は、酵素を直接取り入れることをオススメします。

酵素は体の動きや細胞の代謝を司るタンパク質。

ところが、酵素は美容と健康に不可欠なものですが、

年齢とともに体内にある酵素は減少すると言われ、

また人間の身体が一生の間に作れる酵素の量には限りがあるともいわれています。

そのため、食物やサプリメントでどんどん、 酵素を補給することが大切なのです。

 

大豆からは、食物繊維やミネラルも摂れるので、

栄養バランスの偏った食生活を改善してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL