エアコンと熱中症予防

今や冷房は、暑い夏を快適に過ごすために

必要不可欠な物となっています。

 

最近では「エアコンがないと生きていけない」という

冷房依存度の高い人も増えています。

 

「今の若者は軟弱だ!」、

「昔の人間は、クーラーなんてなくても耐えることができた!」

とお叱りになる方もいるかもしれません。

 

たしかに、エアコンにたよりきっている若者は、昔の若者に比べて暑さに弱いかもしれません。

でも、それを一概に「甘えている、軟弱だ」と批判することができるでしょうか。

 

高齢になると、体の新陳代謝能力は衰え、汗をかきにくくなるため、

うまく体温調節が行えず、結果的に若者よりも熱中症の危険性が高まります。

 

エアコンは、高齢者にこそ手放せないアイテムとなりつつあります。

 

さらに、近年は都市部における「ヒートアイランド現象」や、

地球規模での温暖化の加速で、日本の夏季は年々暑さが増しています。

 

 

確かに、夏の冷房は生活を快適にし、

暑い夏の夜にも心地よく眠りにつかせてくれるようになりました。

 

しかし、1日中冷房の効いた部屋から抜け出せずにいる人が、

急に暑い屋外に出たりすると、熱さに対する抵抗力がないため、熱中症になりやすいと言えます。

 

外気温と室温の差が大きくなりすぎると、体にかかる負担が大きくなります。

また、エアコンの冷風が直接体にあたると、疲労を感じやすくなるため、

風向きを上向きに調整し、冷気を扇風機やサーキュレーターで部屋全体に循環させるとよいでしょう。

 

 

エアコンと節電

冷房は電気代がかかるから、除湿(ドライ)機能を使用しているという方もいるかと思います。

もちろん冷房よりは除湿の方が電気代は安くつきます。

 

ただし注意してもらいたいのは、旧タイプのエアコンで除湿機能を使用すると、

かえって電力使用量が増えることがあります。

最近のエアコンは部屋の湿度によって、稼動状況を自動調整しますが、

旧タイプのエアコンの場合、1晩中稼動し続けてしまう為です。

 

また、エアコンは、スタート直後に集中的にエネルギーを使うため、

「節電のため」といって、頻繁に付けたり消したりしていては、余計に電気代がかさみます。

 

エアコンはもともと、部屋が暑くなった状態から、

一気に快適な温度まで冷やすという発想で作られています。

 

ですから、設定温度以下になったら送風しているだけになり、

室温が安定していれば、消費電力を抑えることができます。

 

また、冷房の設定温度を1℃上げるだけで、約15%の節電になると言います。

これは具体的に言うと、扇風機1台分ぐらいの節電になります。

 

気温28℃を目安にエアコンをつけ、連続運転することが上手な使い方となります。

フィルターをこまめに掃除して、目詰まりを無くすことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL