熱中症になったら

周りの人が熱中症が疑われる場合にはまず、

風通しの良い日陰やエアコンの効いた屋内に移動させます。

 

周りに日差しを避けるものが何も無い場合は、

周囲の人に協力を求めて、日傘やタオル、新聞紙などを集め、

日よけを作るようにしましょう。

 

意識がしっかりしていて、めまいや立ちくらみ、

筋肉の痙攣などがある場合は、衣服を緩めて風通しをよくし、

水分と塩分を補給してよく休ませましょう。

 

その時に、霧吹きのようなもので体全体に水を吹きかけると効果的です。

体温は汗が気化することで効率的に下がるためです。

 

また、体を寝かせた後は、脳への血流がよくなるように、

足の下にかばんや枕を置き、足先を高くしてあげましょう。

 

気分が良くなってからも念の為、病院で診察を受けることをお勧めします。

 

意識があっても、頭痛や吐き気、倦怠感などが見られる場合は、

氷やアイスノンで積極的に体を冷やし、飲めるなら水分や塩分を補給します。

体温が38度以上もあったり、自力で水分補給ができない場合などは、

熱中症が重症化する危険もありますので、体を冷やして、すぐに病院を受診する必要があります。

 

熱中症を起こすと、いつもと違う言動が見られたり、

まっすぐに歩けないなどの症状が現れることもあります。

こういった症状のことを意識障害と言いますが、

意識に障害があるということは、すでに脳の細胞や、多くの臓器が

ダメージを受け始めていることが考えられます。

 

意識がない場合は命にもかかわる緊急事態ですから、

体を冷やしながら、一刻も早く救急車を呼びましょう。

 

 

熱中症に解熱剤は有効?

熱中症になると、風邪で発熱した時のように体温が上昇します。

「ということは、解熱剤が有効なんじゃないか?」と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、熱中症では体の深部での体温は変化していないため、

解熱剤を使用しても、体温を下げることには繋がりません。

 

ですから、熱中症に解熱剤は効果がないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL