部活動中の熱中症対策の為の水分補給

普通に生活をしている中でも、人間は1日約2.5リットルの水分を失う事になります。

夏の暑い時期などはそれ以上に水分を失う事になりますので適切な水分補給が必要になります。

 

しかし、汗の中に含まれている成分は水だけではありませんので、

水と一緒にミネラルなども体外に排出されてしまいます。

その為、汗をかいたら水だけ飲むというのは基本的によく有りません。

失ったナトリウムを補給するというのも重要なことです。

 

あまり聞いた事がない言葉かもしれませんが、水分だけを摂取した場合に起こるのが「自発的脱水」です。

汗をかき体液量は減ります。

水を飲むことにより体液の濃度が下がり、

一時的に喉の渇きが減りますが体内では体液の濃度を戻す為に水分が出ます。(尿によって排泄)

その為、体液不足が起こり熱中症になるのです。

 

特にスポーツをする場合に推奨されている水分の補給の目安が有りますので、

運動前・運動中・運動後に気をつけてこまめに水分摂取をする事で熱中症を予防する事ができます。

 

まず、運動をする環境にも注意が必要ですが暑い時間の運動は極力避けて、運動を実施するようにします。

また、長時間の運動は極力避け30分に1回程度は水分補給をするようにします。

必ず、汗(水分と一緒に失われた)ナトリウムを補給するようにします。

 

日本体育協会が推奨する飲料としては、

①飲料の温度を5~15℃に冷やす。

②飲みやすい組成にする。

③胃に貯まりにくい組成や量にする。(吸収性の高い飲料にする。)

とされています。

 

補給する飲料としては0.1~0.2%の食塩と糖質を含む飲料を飲むことがお勧めです。

その為、市販されているスポーツドリンクなどは

ナトリウムも糖質も含まれているので熱射病を防ぐのに効果的です。

 

また、運動前と運動後の体重を測定しておくことで、

運動でどれだけの汗で水分を失ったのかわかりますので、

運動前と運動後に体重の変化があまりないようにこまめな水分補給を心がける事が重要に成ります。

 

また、夏場の暑い時期に運動を行う場合は、

気温が上がり始めた時期から徐々に運動強度を上げていく必要があります。

 

暑熱環境においては、身体がその環境に適応するまでには1週間ほどかかります。

夏休みに入ったからといって、いつもより練習時間がとれるからといって

急に練習量を増やしては、熱射病にかかる率が高くなってしまいます。

徐々に身体を慣らしていくために練習メニューの工夫も必要です。

 

また、衣類にも気をつける必要があります。

汗の吸収性がよく通気性の良いものにすることで熱がこもらずに運動する事ができます。

また、直射日光を避けるために帽子をかぶるというのもひとつの対策です。

こうした点を踏まえて、夏の部活動の指導にあたるということが、

子どもたちを熱中症から守る方法のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL