旅行中の熱中症

夏期休暇を利用して、8月の暑い時期に1人で1泊2日の旅行をしました。

外の気温は30度を超えており、湿度も高く、歩くと汗が滲むような状態でした。

 

最初に異変が起きたのは、高速バスを降りた時でした。

突然立ちくらみとめまいのような症状を感じ、目の前が真っ暗になりました。

立っていることが難しくなり、バスの乗り場にある椅子に座って安静にしていましたが、

一向に治まる気配がなく、動悸と吐き気の症状も出始めました。

 

足が痺れたような感覚になっていましたが、

すぐそばに自動販売機があったので、なんとかそこまで移動し、冷たい水を買いました。

冷たい水を飲みながら、その水が入っているペットボトルを脇に挟んだり

首元に当てたりして少しでも高くなった体温を低くしようとしました。

 

そのまましばらく休んでいると次第にめまいや動悸なども治まり、

移動ができる状態にまで回復しました。

 

その日は予定していた行程を無事に終え、ホテルへ向かいました。

途中のコンビニでスポーツドリンクを買い、それを飲んでいましたが、

急にお腹を下して体がガタガタと震え出しました。

汗をかいていたのでシャワーを浴びたかったのですが、

それをすることもままならないような状態でした。

 

とにかく寒かったので湯船にお湯を溜めて足湯で温まりました。

しばらくそのままの状態でいると寒気もなくなり、

腹痛も治ったのでその日は水分補給を十分に行い、ぬるめのシャワーを浴びて寝ました。

 

翌日、治っていなかったら病院へ行こうと決めていましたが、

何事もなかったかのように回復していました。

 

少し不安はありましたが、こまめに水分補給を行い、

塩分が摂取できる飴やタブレットなどを買って適宜食べました。

そのお陰か、この日は体調を崩すことなく、旅行を楽しみ帰路につくことができました。

 

熱中症の予防や回復には水分や塩分が必要だということはわかっていましたが、

自分が体験してみてその大切さがよくわかりました。

また、この経験を他人に話したところ、「病院へ行くべきだった」と言われました。

 

今回は命に関わる大事には至りませんでしたが、

今後は症状が出たら医療機関を受診することも考えるべきだと思いました。

 

夏期休暇を利用した旅行の計画を立てている方はたくさんいらっしゃると思います。

旅行先では水分補給はもちろんのこと、

塩分が含まれた飴やタブレットなどを鞄に入れておき、

いつでも塩分を補給できる環境を整えておくことが重要です。

また、少しでも体調に異変を感じたら無理をせずに休むことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL