昨日、会社の後輩のR君が熱中症で倒れて救急車を呼んだり色々手続きし大変でした。

昨日の事です。

朝から温度は暑くて、32度でした。

会社に到着し、朝礼をし、私を含めた社員はそれぞれの持ち場に行き仕事をしていました。

 

別のチームで入社して2年目のR君という子がいました。

朝ロッカーで見たときから顔色が青白く辛そうでした。

朝礼は大会議室で行いましたが、エアコンはガンガン効いていて寒いくらいでした。

自分達の部署ももちろんエアコンはフル稼働でした。

 

仕事を初めて15分くらいの事でした。

立ち上がったR君は書類を印刷しようとプリンタの場所に行きます。

そこでフラッと体がグラついたのを私は遠目で目撃しました。

そして、R君はその場で倒れてしまいました。

汗が噴き出て目が虚ろでした。

 

私はこの状態は熱中症でマズイなと思い救急車を呼びました。

他の社員が呼びかけたり体を冷やしたりしていました。

R君は意識はありましたが、なかなか自分で体を起こせずに苦しんでいました。

呼吸が荒く辛そうでした。

 

救急車は10分後に来ました。

救急隊員の方が運び、部長と連絡した私は同行し救急車に乗り病院に行きました。

救急隊員の方に、電話で伝えたとおりの詳細を話し伝えました。

 

病院に着いたらすぐさま、R君は先生に診断され、点滴を打たれてベッドへ寝てました。

会社の人に連絡し、私と部長は迎えに来てもらい車に乗り一旦会社に戻りました。

午後、病院の方と、R君のお母さんから連絡が来て、仕事も少なかったため、

私は部長から許可を貰い早く上がり、R君の入院した病院へ行きました。

 

R君の所に行くとだいぶ回復し、起き上がり退院し帰る所でした。

部長からR君の状況と熱中症になった要因を確認してほしいという意味合いもあっての早退です。

 

私はR君の顔色もだいぶ血の気があり回復したのを確認し色々話をして聞きました。

R君に聞くと朝から水を一滴も飲まなかったそうでした。

しかも、ここ数日夜更かしが続いていると本人からカミングアウトされました。

 

私は悩みとか具合が悪いのかと聞きました。

すると先日発売されたドラクエのゲームで遊んでいて、睡眠が2時間程しか取ってなかったそうです。

倒れた日はイベントやボスキャラを倒すために一生懸命で

気づいたら朝の5時で1時間しか仮眠せずに出社しました。

 

私はその話を聞いて怒りというか半ば飽きれてしまいました。

「若いから無理できると思った。」

というR君のコメントは自己管理ができてないなと残念に思いました。

R君のお母さんも謝罪し、彼らは病院を退院していきました。

その後会計や書類の手続きは私が対応して帰りました。

 

病院からは熱中症の診断で2日間安静という事で休みになりました。

今朝、私は部長にその通りの事を報告しました。

普段部長は温厚な方なのですが、烈火のごとく顔を真っ赤にし怒り激怒。

R君のスマホに電話を掛けて説教してました。

 

この夏までに会社で熱中症で具合が悪くなったり倒れたりするケースが今年は非常に多いです。

今回のR君の熱中症は自己管理がなってないといえばそれまでです。

ですが、やはり暑い夏場は体力も奪われますし体調をおかしくします。

しっかりと睡眠時間は確保すること。

それと水は全く飲まないというリスクの高いことはしない。

水分補給は小まめに取ることが大事だと彼の熱中症で改めて思いました。

 

それと食事です。

食事はしっかりしないと駄目です。

彼はゲームの為に某10秒チャージできるゼリーを食事代わりにして没頭してました。

緊急時にゼリーはいいのかもしれませんが、食事をしっかりとらないと体と健康が作れません。

エアコンが掛かっていてもなると思いますので油断しない様に生活することが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL