正しい水分補給と熱中症のケア

去年の夏、熱中症になりました。

連日35度を超える猛暑が続いてました。

 

出かける際には、帽子をかぶり水筒を持参していきました。

水分もこまめにとってたんですが、家に帰った途端気分が悪くなり、ベッドに横になりました。

冷却シートをつけて休んだら気分がよくなりました。

家の中に居る時も気分が悪くなったんです。

猛暑が続いたので、無理せずエアコンをつけてちゃんと水分をとっていたんです。

 

何が悪かったのかと考えたら、冷たい飲み物ばかり飲んでいたせいだと気付きました。

暑さに負けて、氷を沢山入れて飲んでたんです。

調べてみたら、水分のとりすぎは、排出されるときミネラルも一緒に出ていくそうです。

 

それに体を冷やすと夏バテの原因になると知りました。

暑いからといって冷たい飲み物、アイスばかりとるのは夏バテ対策に逆効果です。

水分補給は冷たいものに気をつけた方がいいです。

 

冷たい飲み物に気をつけて、

バランスのとれた体に吸収されやすいスポーツドリンクや、常温の水を飲むといいです。

 

熱中症になった場合の処置は、まず全身を冷却します。

体に水分を散布して送風を行う、冷水に浸す、氷嚢を頸部や腋の下、足の付け根にあてる。

全身をできるだけ冷却して、体温を低下させます。

 

軽い症状の時は、腹筋や手足が痙攣する、めまいや短い間気を失う状態なら、

風通しのよい所で衣服をゆるめて横になり、食塩水を飲むと回復します。

めまいや疲労感、頭痛、吐き気、嘔吐、多量の発汗などいくつかの症状があっても

体温の上昇がなければ、命にかかわる事はありません。

安静にして水分や塩分を補給して、これ以上重症化させない事が大切です。

 

重症の場合は一刻も早く救急車を呼んで下さい。

意識障害や全身痙攣を伴う場合は、一刻も早く救急車で病院に運ぶ必要があります。

体温が41度を超えている事もあるので、病院に到着するまでの間は、

扇風機などで風を送ったり、水に濡らしたガーゼで体を拭いたりして、

患者さんの体を冷やし、体温をできるだけ38~39度程度にまで下げる事が大切です。

 

この状態であれば、脱水症状や電解質の喪失がおきてる可能性もあるので、

静脈注射による輸血が必要な場合もあります。

 

日の平均気温が27度、一日の最高気温が32度超えると熱中症にかかる人が急増するとされています。

屋内にいても熱中症になる事もあります。

正しい水分補給が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL