熱中症の原因が分からない

三年ほど前の夏、初めて熱中症を体験しました。

 

その日は、朝のうちはそれほど体感温度を高くは感じませんでした。

ですから、エアコンはつけず扇風機だけをつけて、

家の中でコザコザした家事を片付けていました。

 

午前中は大丈夫でした。

しかし、昼になっても食欲はなく、水分も摂りたいとは思わなかったのです。

 

昼になったら、だんだん体がだるくなって来ました。

でも私は特に変だとは思いませんでした。

だんだんだるさがひどくなり、立って家事をするのがきつくなりました。

少しだけ座って家事をしよう、と座ったとたん、だるさがピークに達しました。

座っているのが辛くなりました。

横になったら今度は体が熱く感じました。

 

その時初めて「あれ?何かおかしいな」と感じましたが、

そう思いながら気が遠くなっていきました。

夕方の四時頃だったと思います。

「おい、大丈夫か?」という、夫の声で目が覚めました。

「こんな暑い部屋で、よく寝ていられるなあ」と、呆れたように言いながら、夫はエアコンをつけました。

 

私は起き上がろうとしましたが、激しい頭痛と吐き気に襲われ、

また、へたりこんでしまいました。

「ごめん、冷蔵庫からアイスクリームと、アイスノン取って」と夫に頼み、

アイスクリームを食べました。それから、アイスノンを両脇の下に挟みました。

すーっ、とした冷たさが体に染み渡って行きました。

 

やっと動けるようななったので、エアコンの効いてる部屋まで這って行き、

そこでまた、ゴロン、と横になりました。

「おい、大丈夫か?お前もしかして、熱中症じゃないのか?」

夫が初めて心配そうに言いました。

 

別に電気代をケチった訳ではありません。

ただ、午前中がそれほど暑く感じなかったから、扇風機だけをつけていた、それだけなのです。

そしたら、特に何をした訳でもなかったのですが、体がだるくなって立っているのが辛くなり、

座ったら今度は座っているのが辛くなり、横になったら意識を失ったのです。

 

幸いな事に、エアコンの効いてる部屋で暫く寝ていたら、起きて動けるようになりましたので、

病院には行かずに済んだのですが、体の調子が完全に元に戻るまで、一ヶ月以上を要しました。

 

それに、一度熱中症を体験したら、それから熱中症ににた症状をよく引き起こすようになったのです。

くせになってしまったのでしょうか。

それからは、夏は昼に暑くなるのは分かっているのですから、

タイマーにでもして、エアコンをつけるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL