自身が熱中症になった時の事と熱中症対策対策グッズを持ち歩いた話

外で畑仕事をしている際に、急に頭がぼんやりとしてきたので松の木の下に行き座りました。

おでこを触ってみると熱が出ていたので、持っていた携帯電話で家にいる妻を呼び出しました。

 

電話で症状を伝えると、妻はすぐにこちらにやって来てくれました。

そして私を車に乗せて近くの病院まで運んでくれました。

 

1人では歩けなかったため、妻に肩を貸してもらいながら院内に行き、受付に事情を説明しました。

すると、受付は私が急患だと判断してくれたらしく、治療ができる部屋へと案内してくれました。

 

部屋の中には医師が1人いて、私の身体の状態を丁寧に調べた後、「熱中症ですね」と言いました。

心当たりについて聞かれたので、外で帽子を被らずに畑仕事をしていることを伝えました。

 

その話を聞いた医師は、「猛暑の中で帽子を被らずに外にいたのが熱中症の原因です」と言いました。

私も愚かな行為だと感じていたので、何も言葉が浮かばなかったです。

妻にも心配されたので、次からは注意しようと思いました。

 

その後、点滴をつけて院内の一室で数時間ほど休みました。

点滴のおかげで身体の状態は改善していたため、看護師に身体が良くなってきたことを伝えました。

看護師は「もう大丈夫ですよ」と言って、家に帰る許可を出してくれました。

そして妻の車に乗せられて、無事に家に帰ることができました。

 

仕事を続けるのは大事なことですが、自身が倒れては元も子もないことをこの時に学びました。

仕事から帰って来た子供からも注意されたため、

次から家族に心配をかけないようにしようと心に誓いました。

 

以前のことで懲りたので、次からは熱中症にならないように帽子を被ることにしました。

また、熱中症対策グッズとして、麦茶が入った水筒も持ち運ぶようになりました。

「麦茶にはミネラルが含まれている」と、看護師が言っていたので、夏場は頻繁に飲むように心がけました。

味も悪くないので、飽きずに飲むことができています。

 

再び畑仕事を開始しましたが、帽子のおかげか暑さをあまり感じなかったです。

それに続けて作業をせず、休みながら仕事をするように変更したので、これも暑さ対策に役立っています。

 

近所の人にも私が体験したことを教えてあげました。

熱中症対策は夏場には重要なことなせいか、私の話を熱心に聞いてくれたので嬉しいと感じました。

また、近所の人は「聞いたことを生活に役立てます」と言ったので、教えた甲斐があったと満足しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL