もし熱中症で倒れた人を見かけたら…

炎天下で活動することで、従来より体調を崩しやすくなります。

ニュースなど見ていると、病院に熱中症患者が運ばれてくる場面をよく見かけます。

自分で体調不良を自覚し、歩いて来院できる人もいます。

しかし、もし自覚症状がないうちに倒れてしまったら…?

頼れるのは周りの助けしかありません。

 

小学生の夏休みの時でした。

私は母と近所を散歩していたところ、道端に人があおむけになって倒れているのを発見したのです。

場所が住宅街だったので、周辺の住民の方も気が付いて駆け寄ってきました。

5,6人ほどだったと思います。

 

私は応急処置の知識が全くなく、おろおろするばかりでした。

しかし、周囲の大人たちは冷静に、各自のやるべきことを始めました。

 

一番患者さんの近くにいた男性は、

周りの住民にタオルや水、日傘、うちわを持ってくるように指示し、

「大丈夫ですか」と声をかけ続けました。

通りがかった若い女性は、苦しくならないよう衣服を緩めました。

母は持っていたハンカチで仰いで風を送っていました。

 

ここで、私にもやるべきことが見つかりました。

あるおばあさんが電話を取り出し、救急車を呼ぼうとしたところ、住所がわからなかったのです。

私は急いで近所の家に駆けこみ、住所を聞き出しておばあさんに伝えました。

電話を切ったおばあさんが、「ありがとう」と笑顔で言ってくださったのを覚えています。

 

そこから先の出来事は、一瞬のようでしたが、きっと生涯忘れないと思います。

初めて見る救急車、「こんなに早く来るんだ」と感激したこと、

そして救急隊員が意識確認をしながらストレッチャーで運び込む光景。

衝撃的でした。

 

後でそばにいた男性に聞いたことですが、倒れていた方は初めは苦しそうにしていましたが、

日陰を作り、風を送ることで少し表情が和らいだそうです。

そして何より、「一刻も早く救急車を呼べてよかった。助けてくれてありがとう」とおっしゃっていました。

 

熱中症にならないよう、日ごろから水分補給や自己管理をすることは大切です。

しかし、気を付けていても知らないうちに体がダメージを受けている可能性もあります。

例えば、水分補給を忘れてガーデニングや運動に励む方、

ついつい炎天下で立ち話に没頭してしまう方、

夢中で遊んでいて汗を大量にかいた子供さんなど、

身の回りで熱中症に侵されている人がいるかもしれません。

 

もし外を歩いていて、私のように熱中症の患者さんを見かけたら、

自分の力をぜひ役立ててあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL