夏血栓とは?

夏血栓とは、文字通り夏に起こりやすい血栓のことです。

心筋梗塞や脳梗塞などに代表される「血栓症」は、

血液中にできた血栓が血管を詰まらせることにより起こる病気です。

 

夏場の、特に気温が上昇した状態で、

発汗による脱水から血液がドロドロになって、

血栓症は発症しやすくなります。

 

「血栓症による死亡率と気温に関する調査」によると、

65歳以上の心筋梗塞患者は、気温が30度を超えると死亡率が上昇しています。

また脳梗塞患者でも、気温が32度になると

もっとも低い死亡率から1.66倍に跳ね上がっています。

 

今年の夏も猛暑となっており、熱中症への注意喚起が行なわれていますが、

猛暑下で増加する「血栓症」への注意も必要です。

 

熱中症では、めまいや失神、吐き気、冷や汗、頭痛といった症状が見られますが、

実は夏血栓でも同じような症状が見られます。

 

一般的に、血栓症は冬のイメージが強いのですが、

夏血栓とは、大量に汗をかくことで、血液中の水分が減り

血栓ができやすいことが主な原因の、夏にも多く発症する血栓症のことです。

 

また、節電の影響で室内が高温になることが予想されるため、

普段の生活からこまめに水分補給することを心がけましょう。

 

夏血栓で、血管が詰まりやすくなる気温の目安は32度です。

普段からこの目安の気温に注目し水分補給を増やすことは、

夏の血栓予防には有益です。

 

さらに、ビールなどのアルコール飲料は、利尿作用があるため、

体内の水分不足を引き起こし、血栓ができやすいドロドロした

血液になる原因となりますので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL