熱中症危険度チェック

あなたは普段から、

熱中症になるような危険な行動をしていませんか?

 

熱中症は重症になると、命の危険に繋がる重大な病気です。

「自分は大丈夫」と思わずに、

まずは下の熱中症チェックシートで、

日々の行動に問題がないかを確認しましょう。

 

 

この2,3日の間に風邪をひきましたか?
この2,3日の間に熱を出しましたか?
この2,3日の間に下痢をしましたか?
そのほかに、体調で気になることはありますか?
これまでに、熱中症になったことはありますか?
これまでに、運動中に体調がわるくなったことはありますか?
ふだん、よく汗をかく遊びやスポーツをしていますか?
夕べの睡眠時間は何時間ですか?
朝ごはんを食べましたか?
今、悩んでいることや気になっていることはありますか?

 

このチェックシートで5個以上当てはまる人は、

より熱中症に注意して生活するようにしてください。

 

※このチェックシートはあくまで参考程度にご使用下さい。
実際の危険度は、現場の条件や個人差等によって異なります。

 

 

熱中症のサイン

暑熱環境下の活動時に、以下のような症状が起こった時は、熱中症を疑いましょう。

サインを見逃さず、早い段階で対処することが大切です。

 

・数秒間の失神

・めまい・立ちくらみ

・ズキズキする頭痛がある

・吐き気がある

・顔面蒼白になっている

・脈が弱く、速い

・唇のしびれがある

・呼吸の回数が多くなっている

・異常に多量に発刊している

・手足や腹部に、痛みを伴う痙攣を起こしている

・失神

・体がぐったりし、力が入らない。

・体温が上がっている(熱がある)

・皮膚が蒼白になり、血圧が低下している

・呼びかけに対する反応がおかしい

・まっすぐに歩けない

・おかしな言動をする

・ひきつけを起こしている

・意識がはっきりしない、意識がない

・体温が上がっているのに、汗をかかない

・呼吸困難

など

※少しでも意識障害があるときは、ただちに救急車を呼びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL