犬の熱中症

私はまだ6か月の犬を飼っています。

犬種はボロニーズという犬種で、ビションに似た白くて綿あめのような毛並みの子です。

 

犬は元々ほとんどの犬が体に毛をはやしています。

また汗もたくさんかく事はありません。

体中がびしょびしょな犬なんてみたことないですもんね。

そのため口をあけてハァハァといって温度を調節したり、

肉球を冷やすことで涼しさを感じることが多いようです。

その為熱中症にかかりやすいようです。

 

我が家の犬もそんな事がありました。

我が家の犬はお散歩が大好きで、夏の暑い時期も毎日の様に散歩に連れて行っており、

水分補給はさせてもそれ以外の対策はあまりとっていませんでした。

そして事件はおきたのです。

 

私はいつも近くの大きな公園につれていっており、そこには大きな広場があり、

そこでいつもの様にボールを投げて遊び、私の犬もすごくご機嫌でした。

そして他の場所に移ろうと犬の名前を呼ぶと駆け寄ろうとして振り向きその場でパタリと倒れたのです。

まるでスローモーションでした。

倒れたのに気が付いた私はとにかく日陰に犬をおき体に水をかけ、また体を仰ぎました。

段々と犬もハアハアという口の動きが止まってきたので、

後は抱っこをしてすぐに病院へ運びました。

 

その後、直ぐに元気になりましたが正直すごくびっくりしました。

まさか犬がそんな事になるとは思いませんでしたし、水をあげていれば大丈夫だろうと思っていました。

しかし、犬も様々に配慮してあげないと熱中症になるのです。

 

現在我が家では、水だけでなくこの時期は、氷を首にまき、つけたり、冷感スプレーなどを用意しています。

また散歩に出る時間も朝はまだ暑くない6時頃、夕方は17時頃と

一番温度の低い時間を考えながら散歩をしています。

 

また家ではあえて氷などの特別冷たいものは与えず、

できるだけ暑さに順応できる環境をつくってやるようにしています。

また暑すぎる日はできるだけ、ご飯は散歩から1時間後にあげています。

我が家の犬は暑すぎると食事を残しやすいので

家の温度に慣れた後にご飯をあげるように今はつとめています。

 

この様に我が家では熱中症に気を使いつつ、犬が楽しく毎日の散歩をできるように工夫をしています。

また、散歩で聞く他の飼い主さんによると、夏の時期は洋服をできるだけ着せない様にしていました。

また、水はペットボトルで凍らせたものを使用したり、かなり色々な事を工夫している様でした。

私の家でも実践したりもしていますが、色々注意しつつ頑張るといいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL