犬や猫も熱中症になる!

節電の夏、熱中症にかかるのは人間だけではありません。

犬や猫といったペット達も熱中症にかかる危険性があるのです。

 

特に犬は要注意です。

猫はもともと砂漠の動物ともいわれていて、暑さや渇きにある程度は強いのですが、

犬は寒い地域の出身種が多く、暑さに弱いのです。

 

他にも犬が熱さに弱い特徴としては、人間は、汗腺があって熱を放出できますが、

犬の場合は口から「ハァハァ」と呼吸するか、足の肉球で汗を出すしかないので、

非常に体温調節がしづらいのです。

さらに人間より体が地面に近いので、地面からの反射熱も受けやすくなります。

 

夏場のアスファルトは、昼間だと50度を超える熱さになります。

地面に近いだけにその影響は大きく、そのまま歩かせると熱中症だけではなく、

靴をはかない犬は、肉球を火傷する危険性も考えられます。

 

ちなみに、路面の素材による照り返し量は、

アスファルト・コンクリート > 土 > 芝」の順になっています。

 

 

特に熱中症にかかりやすいのは、短頭種といって鼻の短い犬種です。

気道が短かったり、曲がっているため、換気が難しくなりやすいのです。

 

シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボクサーなどの犬種は要注意です。

また、北方生まれの犬種、シベリアン・ハスキー、ボルゾイなども暑さに弱いです。

 

気温22℃、湿度60%を超えると犬は熱中症になる可能性が高くなると言われています。

犬の平熱は、だいたい38℃前後ですが、体温が41℃以上になると命に関わります。

 

犬や猫は汗をかくことによる体温調節ができません。

屋外飼育では日陰で風通しのよい場所に移動させてあげましょう。

屋内飼育の場合でも室温28度前後を保つようにしてください。

また、日中の散歩を避け、水を絶やさないよう、注意しましょう。

 

発熱や呼吸が荒くなるなどの症状が出たら要注意で、すぐに水などで体を冷やしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL